メディアミックス

メディアミックス(media mix)は、広告業界の用語で商品を広告・CMする際に異種のメディアを組み合わせることによって各メディアの弱点を補う手法というのが原義であるが、現在では特定の娯楽作品が一定の経済効果を持った時、その作品の副次的作品を幾種類かの娯楽メディアを通して多数製作することでファンサービスと商品販促を拡充するという手法のことを指すことが多い。

よく誤解されるが、これは現代芸術の「ミクストメディア」とは全く違う。

北米では、同様の商法をメディアフランチャイズ (media franchise) という。これは、キャラクターなどを他メディアにフランチャイズするという意味である。

メディアミックスの起源
語の起源としてはメディアは「媒体」からミックスは「プロモーションミックス」からとられている。1人につき3回の広告接触頻度で十分とするクラグマンの「スリーヒッツ理論」を発展させた考えを基礎理論として、各種の媒体を用いてそれに合わせた最適な広告手段を計画すること。決められた広告費用で最大の広告効果を得ることが目的となる。

日本でのメディアミックス
日本においては、角川書店が1970年代において、自社発行書籍(小説作品)の映画化を行い、その原作作品を売り込むことにより業績を伸ばした事で注目された広告手法であり、これを日本のメディアミックス商業展開の代表的な成功例とする場合が多い。この事により、現在でも角川書店とその関連会社(富士見書房など)は「日本のメディアミックス商業展開の元祖的存在。」と見られることがある。

1980年代には月刊少年キャプテン(徳間書店)、月刊コミックコンプ(角川書店)、月刊コミックNORA(学習研究社)などのいわゆるマイナー系の漫画雑誌が登場し、やがてメディアミックス企画の漫画を多数連載することになる。


ファミコンウォーズ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。